Constellation audio Revelation Series

Constellation audio Revelation Serise登場!

PICTOR ( ピクター )¥2,400,000 プリアンプ
TAURUS ( トーラス )¥2,700,000 ステレオパワーアンプ
TAURUS mono ( トーラス モノ ) ¥5,400,000(ペア)
ANDROMEDA ( アンドロメダ ) ¥2,600,000 フォノイコライザー

-輸入元ステラwebサイトより-
オーディオ界に名を残す天才がチームを結成してオーディオの世界をさらなる高みに引き上げる!Constellation audio の“ドリーム・チーム”に参画しているエンジニアは、John Curl (ジョン・カール)、Bascom King (バスコム・キング)、Peter Madnick (ピーター・マドニック)、Demian Martin (デミアン・マーティン)、Jay Victor (ジェイ・ビクター)など。一人の天才の力では到達し得ない別次元のオーディオを、Constellation Audio のドリーム・チームが現実のものとします。

今回の新シリーズを加えて、ConstellationAudioはReference、Performance、Revelation、 Inspirationの4シリーズを発表しています。
今回の新製品は、Performanceに続く、中堅機になりますが、Performanceシリーズのおおよそ半額の値付けにて登場しています。
上位モデルの技術を受け継ぎつつ、コストパフォーマンスを高めたシリーズです。

■■Amano Review■■
最上クラスのReferenceシリーズはモノラルパワーアンプで2900万円という超級クラスのアンプでイメージとしてはなかなか雲の上のメーカーというイメージでしたが、Revelation、 Inspirationシリーズの登場により、B&W802D3等のスピーカーとの組み合わせでご紹介が出来るようになりました。
さすがドリームチームというだけあって、完成度の高い音楽を聴かせてくれます。一つ一つの音はしっかりと重なることなく表現され、奥行き・広がりも自然に出ます。丁寧に作られた音色ですが、生真面目という事もなく、音楽のグルーブがしっかりあります。
プリアンプは電源別筐体、パワーアンプのTAURUSも200Wクラスのパワーアンプにしては他社アンプと比べても大きな容量の電源を搭載しています。筐体も大きなものになりますが、こういった部分が音色に大きく関わってくるという事は、今も昔も変わらず、ドリームチームならではの持ち味かもしれません。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

広告