Chord Electronics Blu MK2

blu mk2

Chord Electronics Blu mk2   定価\1,400,000(別)
2017年5~6月発売開始予定!
※現在、ご予約お受付中

正規輸入元株式会社タイムロード-プレスリリースより-
・Robert Watts により新開発された WTA M-Scaler テクノロジープログラムを、強力な演算能力を持った FPGA Xilinx XC7A200T に実装。
・740 もの DSP が稼働し、フィルタータップ長は驚異の 1,015,808 タップを実現。
・最大 705.6kHz のアップサンプリング伝送を実現し、DAVE と組み合わせた際に最大のパフォーマンスを発揮するよう設計。
・BNC インプットを備え、独立した高性能アップサンプラーとして使用可能。
・シンプルな機能に一新されたスタイリッシュなトップパネル。

一昨年の10月に発売になった大人気DACのDAVEに続き、組み合わせ機となるBlu mk2がいよいよ発売(ご予約絶賛お受付中)になります。

■■Amano Review■■
今更CDトランスポート?!と思われる方も少なくないと思います。
ここ最近のメーカーの動きとしてCDやSACDの再生に関して、新機種が続々と出ています。
これは、ハイレゾの普及によりデータ再生に関する基本的な知識や技術が各段に上がったことで、ディスクメディアの再生が以前よりも高水準で行えるようになったからだと思います。
特に今回のBlu mk2はその傾向が色濃く出ています。
DAVEは集積回路を搭載して、通常のDACとは異なり、演算能力を極限まで高めたことで、他のDACよりも生々しく、きめの細かい音色を実現しましたが、情報の処理を行う機能と演算変換を行う機能はDAVE自身のCPUに大きな負荷をかけることになってしまい、それぞれのパフォーマンスにおいて、完全な状態で機能させることが、難しいという事が分かりました。
ただし、これは結果論であって、DAVEのみで再生を行っていた時は、とても気持ちよく音楽を鳴らしてくれますが、Blu mk2の登場によって、本来に性能が発揮されるようになったという事です。

Blu mk2は情報の処理をBlu mk2で行いますので、DAVEは変換機能に特化する事が出来、それぞれの負荷が軽減されます。その為、CDの再生においてもデータ再生においても音質の向上が見込めるというイメージです。

「発売が無期延期になっている要因について」
当初3月末の発売を予定していたBlu mk2ですが、現在、無期の延期となっています。おそらく5月末から6月末までには販売開始となる見込みですが、なぜ遅れているのか…
2月頃にBlu mk2が日本に持ち込まれ、各雑誌、販売店に向けたプレス発表会が行われましたが、その際に、Blu mk2にUSBの入力を搭載してほしいという要望があり、設計者のRobert Watts氏が、その意見を受け入れ、急遽製品自体の仕様を変更しています。
もともとBlu mk2にはUSBの入力はついていませんが、上記のように、データ自体の再生において高いパフォーマンスを発揮するBlu mk2とDAVEにおいてUSBでの再生が可能になると確実にDAVE単体よりも音質の向上が見込めるという事で、採用されたものです。
日本からの要望を受け入れ、直ぐに商品につなげる柔軟な所もCHORDの良い所やもしれません。

Dynamicaudioでの展示は現在、確定していませんが、展示が開始となりましたら、また改めて掲載致します。もちろん、各種試聴会や短期での展示はおこなわれると思いますので、皆様、要チェックしてください。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

Sonusfaber SF16 New!

SF16

Sonusfaber SF16 定価¥1,400,000(別)
2017/4/21発売開始!

イタリアはSonusfaberが提案するLife style systemです。
スマートフォンをWi-Fiに接続して音楽を再生します。
一応、アナログ・デジタル入力も付いていますが、やはりワイヤレスで楽しんで頂きたい製品です。

フロントとリアにユニットが配置されていて、内部にてキャンセルさせるゼロ・バイブレーションを採用しています。広い音場と前後の奥行を表現してくれます。

アンプには強力なDクラスアンプが搭載され、出力で1400Wの高出力を得いています。

大きなスピーカーとは異なりコンパクトな筐体で、充分な低域を得る為に軽量かつ強靭なウーハーユニットが不可欠になり、それらをしっかりと抑えるエンクロージャーも強固な仕上げになっています。

■■Amano Review■■
オールインワン・システムと聞くと、サブシステムや「おまけシステム」のように感じてしまいがちですが、この製品に関しては、相応の魅力があるように思います。
というよりも、今や音楽は生活の中に自然とあるものですので、普段の生活空間の中で、最上級に質の良い「お手軽システム」があるというのも至極自然な事ではないでしょうか。
今回SF16と一緒に発表されたSonusfaberのスピーカーには「Tradition」というコンセプトが付けられています。
SF16の元となった製品はSonusfaberが1980年代に創業し、初期の頃に設計されたSnailというアンプ内蔵一体型スピーカーです。
これまでSonusfaberは先代フランコ氏から現チーフデザイナーのパオロ氏に代わってから、「Futura(未来)」や「Evolution(進化)」といったオーディオの先を見据えた製品を作ってきましたが、今回のHomage TraditionシリーズやSF16は過去のSonusfaberの素晴らしい所をしっかりと吸収してこれからの製品達を作っていこうという意思の表れではないでしょうか。技術の進化や音楽の楽しみ方が変わった今でも、「音楽を愛し、最高の環境で聴きたい」という欲求は今も昔も変わりません。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

Sonusfaber New HOMAGE Series

イタリアはSonusfaberの新シリーズが登場致しました。

人気のHOMAGEシリーズが一新され、魅力的なSonusfaberの新しい音色を奏でています。

Tradition

発売日2017/4/21

Amati Tradition フロアスタンディング型 定価¥3,600,000(ペア/別)

Serafino Tradition フロアスタンディング型 定価¥2,600,000(ペア/別)

Guarneri Tradition ブックシェルフ型 定価¥2,000,000(ペア/別)

オマージュ(Homage)コレクションはソナスファベールにとって最も象徴的なシリーズの一つであり、そのモデルチェンジはブランドにとって非常に重要な位置づけとなります。

オマージュ・コレクションこそがソナスファベールにおける伝統的な最高のクラフトマンシップと秀逸なサウンドパフォーマンスのDNAそのものと言えるでしょう。

弦楽器制作の名工への賞賛(Homage)、そしてソナスファベールが永年培ってきた、イタリアの熟練した職人に手作業による伝統的(Tradition)な技法や独創的フォルムやデザイン。新たなオマージュ・コレクションは新しい技術を持って伝統に回帰したプロジェクトです。

Homage Traditionシリーズは、エンクロージャー素材として新たにWenge(ウェンジ)材の突板を採用しました。アフリカ原産の広葉樹ウェンジは、強度が高く優れた耐久性を持つ木材です。

各製品のスペックはこちらをご覧ください↓↓↓

正規輸入元 株式会社ノア Homage Traditionシリーズ

■Amano Review■

ソナス伝統のHomageシリーズが一新されました。

現チーフデザイナー@パオロ・テッツォン氏が就任した初期の頃に一度Homageシリーズはモデルチェンジを行っていますが、それから数年が経過し、多くの製品が作られ、それらで培ったスピーカーへのこだわりやサウンドデザインのテクニックがいよいよ熟練されてきたように感じます。

これまでのソナスのスピーカーの印象とは一聴すると異なるように感じますが、私天野個人的にはとても好印象な変化です。音色に押し付けるようなところがなく、あくまで自然にリラックスして音楽を楽しむことが出来ます。しかし、立ち上がりや余韻、深み等はしっかりと持っていて、ある種スピーカーの「一つの答え」のように感じてしまいます。

ロックやPOPSを元気いっぱいに音圧で聴きたいという方には難しいやもしれませんが、クラシック、ヨーロピアンジャズ、女性ボーカル等はかなり気持ちよく鳴らしてくれます。

只今、私はレゲェを聴いています。メチャメチャリラックスしてこの記事を書いています。

■試聴会の予定■

Sonusfaber 新製品試聴会

5月13日(土) 13:00~15:00

Dynamicaudio 5555 4F

担当:島・天野

shima@dynamicaudio.co.jp

amano@dynamicaudio.co.jp

03-3253-5555

 

Dynamicaudio 5555 天野

amano@dynamicaudio.co.jp

03-3253-5555

YAMAHA NS-5000

世界的にも類を見ない全ユニット同素材による質感の調和。
新素材ZYLON(ザイロン)をウーファーからトゥイーターまでの
全帯域で採用したことによるオーケストラの素晴らしさ!!

R.S.チャンバーによる中・高域ユニット背圧の制御と、
アコースティックアブソーバーによる低域のコントロールが
成しえた見事なヴォーカルとリズムセクションの解像度!!

楽器とエレクトロニクスの相反する分野で獲得してきた
広範囲な経験とノウハウが築いたオリジナリティーが開花した
NS-5000はmade in Japanの誇りです!!

ダイナミックオーディオ5555店、各フロアの担当者による製品レポートはこちらです!